新型コロナにマスクは効果なし?むしろ逆効果?【yahooニュース】

いやー、

世の中コロナコロナでもちきりですね。

ところで今朝のyahooニュースを見ていたら、こんな記事が。

「コロナに対してマスクは予防効果なし」

えええーーーーーーー!!!Σ( ̄□ ̄|||)

マスクどこ行っても売り切れだし?

売っててもおひとり様1コ限りだし?

これだけ誰もが藁にもすがる思いでマスクを買い求めてるのに、

それ意味なし?

気になるので調べてみました。

スポンサーリンク

マスクにコロナ予防効果はない?

結論から言うと、

マスクをしてもコロナ予防効果はない!

マジか・・・・

新型コロナって、結局はインフルエンザと同じ上気道感染の疾患。

まあインフルもコロナも親戚みたいなもんってことね。

厚労省の「インフルエンザ対策」には

咳・くしゃみが出る時は、他の人にうつさないためにマスクを着用しましょう」

とはあるが、他人からうつるのを防ぐ予防効果は書かれていない。

2011年に発表された英国の調査でも、

「インフルエンザにおいてマスク着用だけの予防効果はほとんどない」

との結論が出ている。

世界保健機関(WHO)の感染予防マニュアルには

「マスクによる上気道感染の予防効果にはハッキリしたエビデンス(科学的証明)がない」

と書かれている。

そうだったのかー Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

いや、気休めかな?とは内心思ってはいたけど、ここまではっきり言われるとなんだかなー・・・・

ところが、話はここで終わりではなんいんすよ・・・

スポンサーリンク

コロナ予防にマスクはむしろ逆効果?

長く地域医療に尽力し、公衆衛生に詳しい岩室紳也医師によれば

「予防効果どころか、新型コロナウイルスに感染していない人が感染しないためにするマスクはマイナスで、かえって感染リスクを高める恐れがある」

えーーーーーー!衝撃の事実!

なんでなんで????

「新型コロナウイルスでハッキリしているのはインフルエンザと同じ飛沫感染と接触感染で起きるということです」

「マスクは飛沫に含まれるウイルスが直接口の中に飛び込んだり、ウイルスが付着した手で口を触ったりすることを防ぐと思っていませんか?」

「しかし、ウイルス感染で一番危険なのはマスクに頻繁に触れることでマスクの表面にウイルスが付着し、それをマスク越しに吸い込んでしまうことなのです」

うそやーん!!!

マスクって着けたらもう触ったらあかんのか・・・・

ワシなんか1枚のマスク何回も使いまわしてるよー

何度もポケットに入れてさー( ̄▽ ̄;)

「とくに子どもはいろんなものを触るし、その手で何度もマスクの表面を触って感染リスクを高めます。ですから子どもの感染予防のためのマスクは厳禁だと私は考えています」

「手術用マスクも、手術する人の唾が患者の体内に入らないようにするのが目的であって、医師らを守るためのものではありません」

・・・・・わかりました。

でも今時期だと花粉症もあるしねー。

マスクしないわけにはいかない人もおるやん?

スポンサーリンク

花粉症の人こそ気を付けること

岩室紳也医師は続けます。

「花粉症予防のためにマスクをする意味はあります。通常のマスクの網目は10マイクロメートル程度。直径0.1マイクロメートルの新型コロナウイルスには役立たないが、直径30~40マイクロメートルのスギ花粉には効果が期待できるからです」

「花粉症の人こそ、新型コロナウイルスの感染を防ぐためにもマスクの表面を触らないことを意識すべきでしょう」

そうだったのかー。

納得。

スポンサーリンク

まとめ

咳もくしゃみも出てない人は、マスクはむしろしない方がコロナのリスクは少ないってことみたいだね。

会社や学校によってはマスク着用を義務付けてるところもあるみたいだけど、こういうことわかってるのかな?

マスクするのはいいけど、絶対表面を触っちゃダメってこと。

ようは一回使ったら絶対に触らず、使い捨てってことだよね。

みんな知ってた?

少なくともワシは何十年も生きてきて初めて知りました。

きっと初耳の人もいるかと思って記事にしてみました。

皆様のご健康をお祈りいたします。

最後までお読みいただきありがとうございました!